HOME > TSCタイムス > 【JFL】起死回生の30㍍弾/カターレ、昇格に王手!

TSCタイムス

[2008/11/16]【JFL】起死回生の30㍍弾/カターレ、昇格に王手!

Dsc_1247

【JFL後期第15節/16日・富山県総合運動公園】
 カターレ富山が、1-1(前半0-0)で佐川滋賀FCと引き分け、Jリーグ昇格基準の4位以内確定に王手をかけた。通算17勝7分け8敗の勝ち点58で3位をキープしており、残り2試合で1勝すれば5位のガイナーレ鳥取(勝ち点54)が連勝しても勝ち点で上回り、4位以上が決まる。
20  カターレは前半、押し気味に試合を進めたが無得点に終わり、後半3分に相手カウンター攻撃から先制点を許した。攻めあぐねて苦しい時間帯が続いたが、同20分にDF中田洋平選手が約30㍍のロングシュートを決めて追い付いた=写真。シュート数はカターレ18、佐川9。観客数は4090人。

 カターレは次節、23日午後1時から滋賀県湖南市でMIOびわこ草津と対戦する。カターレが引き分けても、鳥取と横河武蔵野FC(勝ち点53)がそろって引き分け以下の場合には次節でカターレの4位以上が決まる。



■中田洋平選手の話
 シュートを打って流れを変えることができればと思っていました。フリーだったので思い切り打ったら、たまたま入りました。あれだけ距離があるとなかなか入らないので驚きの方が大きかったです。
 勝てなかったのは悔しいけれど、すごく大きな勝ち点1だと思う。次の試合まで、ほんとにサッカーだけに集中してみんなで勝ちにいきたい。プレッシャーを楽しみながら、盛り上げてチーム一丸となって戦いたい。


■浜野勇気主将の話 先に点を取られて流れが悪い中でよく追い付けた。勝ち点1を取れて少し良かったと思う。(Jリーグ昇格を)次の試合で決めるという強い意志を持って戦いたい。


カターレ富山・楚輪博監督の話 (J昇格が見えてきた中で)結果ではなく、リーグ戦34試合の1試合として目の前の敵に勝つことに集中しようと伝えて試合に入った。前半から押し込んで、いい立ち上がりだった。後半に失点し、状況を打開しなければならない時に中田のクリーンシュートが決まった。あと2試合、県民ファンにバックアップしていただき、Jリーグ昇格を決めたい。


※栃木SC、4位以内が確定(下野新聞記事)

https://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20081116/76479


※JFL公式サイト https://www.jfl-info.net/index.html

スポーツ観戦お出かけ支援募金状況

2018年8月21 日現在
■募金累計額 1,415,046円
■招待できた福祉施設数18

スポーツ支援自販機設置事業

2018年7月25日現在
自販機設置状況

ビジネスパートナー

カターレ富山
株式会社アイザック
北陸ペプシコーラ販売株式会社
北酸株式会社
株式会社ホクタテ
チューリップテレビ
中部観光株式会社
株式会社メディアプロ
菱越電機株式会社
(有)ヤマモトスポーツ
すし居酒屋 大海
駅前ラーメン ひげ
Hitoshi Saeki

バナーを作成