HOME > お知らせ > TSCなでしこオープンスクール 充実の第一回目!

お知らせ

[2011/10/23]TSCなでしこオープンスクール 充実の第一回目!

集合写真② 10月22日(土)、TSCとして初となる女性向けオープンサッカースクール「なでしこサッカースクール~広げよう!!サッカーの輪☆友だちの輪~」を開催。世代・経験を問わず、夢中でボールを蹴る’サッカー女子’の歓声が響きました。

IMG_0839 純粋に女性だけでサッカーを楽しめる空間づくりに挑戦してみたい…女性コーチも在籍するTSCサッカースクールのコーチ陣から声が上がったのは1年も前のこと。「そうは言っても人が集まるのか?」「どうやってスクールのことをPRするのか?」「準備に十分な時間と手間を割けるのか?」…そんな私たちのためらいを拭い去り、力強く背中を押してくれたのが、あのFIFA女子ワールドカップでのなでしこJAPANの躍進でした。

 

 世界の舞台で輝く日本女性の姿が、鮮烈に脳裏に焼き付いた夏。しかし、世界を制したなでしこ戦士にも「少年サッカーの試合に出させてもらえなかった」「中学に女子サッカー部がなく、他の運動部に入っていた」という原体験があることも同時に知りました。

 

保護者ご説明① 「私たちにできることから始めよう。まずはオープンスクールを何度か試してみよう!」。そんな機運の高まりととにも動きが活発化。場所の手配、協賛依頼、練習内容の吟味、チラシを手にしてのスポーツ店や学校訪問…すべて中心になったのは若いコーチ陣でした。1週間前の「みんなでスポチャレ!(岩瀬スポーツ公園)」でのサッカースクールを共に指導した元なでしこリーガー・江崎亜希子さんからも力強いエールをいただき、この日、第1回目の「TSCなでしこオープンスクール」の開催にこぎつけました。

 

 

 

スクール⑩ スクールには15人の参加者を迎えました。学校で受け取ったチラシを見て参加した小学生が中心だったものの、母子で楽しもうという人もあり、高校サッカー部のマネジャーあり。当日の飛び入り参加もありました。共通項はただ一点、「サッカーが好きな女子」。初めてのスクールにただよう心地よい緊張感と、女性特有の柔かい空気感が県総合運動公園屋内グラウンドに包まれ、18時半にスクールは始まりました。

 

 

開会式③ 冒頭、TSC池森会長が「ボールに数多く触ること。始めと終わりに握手をすること。その2つのことを心に留めてサッカーを楽しんでください」と挨拶し、スクールがスタート。ウオーミングアップから始まり、十分に休憩を挟みながらミニゲームまで約2時間。「小学生にとっては少し練習時間が長いのでは?」と心配する声をよそに、全員が最後まで元気いっぱいにサッカーを満喫していました。

 

スクール⑫ この第一回目のオープンスクールは、TSCにとって大きな一歩でした。参加していただいた皆様、スクールに理解を示してくださった学校・保護者の皆様は、私たちの活動の未来に明るい光を当ててくださる存在です。第二回以降のオープンスクールを継続して行う際も、ぜひご協力をお願いいたします。もちろん、新しい仲間も歓迎します。小さな輪を少しずつ大きくしていくことで、スポーツで富山を変えていく原動力になると信じております。

 

IMG_0848 なでしこオープンスクールに協賛をいただいた、総曲輪にぎわい横丁・すし居酒屋 大海様、中部ペプシコーラ販売(株)様にも厚く御礼申し上げます。今後とも宜しくお願い申し上げます。

スポーツ観戦お出かけ支援募金状況

2018年8月21 日現在
■募金累計額 1,415,046円
■招待できた福祉施設数18