HOME > お知らせ > 【お知らせ】浦和レッズサポーター初代リーダー&浦和商店街カフェ店主による講演会開催(6月2日)

お知らせ

[2012/05/29]【お知らせ】浦和レッズサポーター初代リーダー&浦和商店街カフェ店主による講演会開催(6月2日)

 6月2日(土)、県内スポーツ活性化の試みの一環として、浦和レッズサポーター初代リーダーである吉沢康一さん(スポーツライター)、浦和仲一街商店会副会長の越智田晃さん(浦和サポーターらが集うカフェ「砂時計」店主)による講演会を開催します。(講演会後には懇親会もあり。任意参加・会費制

 Jリーグ創成期の浦和レッズをサポーターチームのリーダーとして熱く支え、現在も独自の視点からサッカー界とレッズに鋭い論評を加える吉沢さん。レッズ創立以来、サッカーと浦和のまちづくりの発展を見守り続ける越智田さん。お二人の「日本一のビッグクラブをサポートすること」に込められた思いを、縦横無尽に語り尽くしていただきます。

 今回の講演会はカターレ富山のサポーター組織「カターレ富山をサポートする会」との共催です。サッカーファンのみならず、スポーツを、地域を愛する全ての皆様にお聞きいただきたい講演です。詳細は「続きを読む」を参照ください。

 ~演題 「浦和レッズとの20年Jリーグクラブと歩んだ道。その功罪。」~

  吉沢 康一 氏 スポーツライター・浦和レッズサポーター初代リーダー
  越智田 晃 氏 浦和仲一街商店会副会長

■主  催:NPO法人富山スポーツコミュニケーションズ(TSC)
■共  催:カターレ富山をサポートする会
■日  時:平成24年6月2日(土)17:30~19:00
■場  所:富山県民会館701号室
■参 加 費:無 料
■定  員:80名 *定員になり次第締め切らせていただきます
■申 込 先:TSC事務局090-5176-0075または
        E-mail:info@toyama-sc.com

 

懇親会の参加申し込みも上記連絡先にて受付中!当日参加表明もOKです。

 

<吉沢 康一 氏 来歴>・・・ウィキペディアより抜粋
埼玉県与野市出身 S44.4.15生まれ
大学在学時、Jリーグ発足に併せて浦和レッドダイヤモンズの結成からH4年9月にJリーグカップが開催されるとサポーターとしての活動を始める。クレイジー・コールズと名付けられた集団を率いてサポーターをまとめ上げ豊富なアイデアで応援を盛り上げた姿からカリスマ的な存在となっていった。
H8年よりスポーツライターに転身、浦和レッドダイヤモンズや高校サッカーを中心に取材を続けている。
サポーターとしての活動期間は短かったが、「浦和サポーターの成功には、初期に中心的役割を担ったコールリーダーによる動機付けが大きく影響している」、あるいは「功罪相半ばする部分もあるが、吉沢と植田朝日(ウルトラス・ニッポン)と河津亨(IN.FIGHT)の3名がいなければ日本のサポーター文化は10年遅れていただろう」と評されている。

 

 

<越智田 晃 氏 来歴>
埼玉県浦和市出身 S43.2.10生まれ
浦和仲一街商店カフェ砂時計の二代目店主。H19よりJOY PROJECTで浦和駅周辺大型店舗と一緒に環境
イベント「浦和ライトダウン」開催。 同じく浦和レッズと商店会・行政と一緒に地域活性「サッカーフェスタ」「駒場デー」開催するなど、地域では欠かすことの出来ない要職を兼務しているマルチ才能を如何なく発揮している≪浦和のオピニオン≫の一人。
浦和駅周辺商店会青年部連合会会長・さいたま市浦和区区民のつどい委員
浦和駅西口活性化協議会青年部部長・商工会議所浦和商店会連合会企画委員・浦和駅サッカーツリー実行委員浦和まちづくり協議会委員・ 浦和仲町消防団員・ 浦和祭り実行委員
 

スポーツ観戦お出かけ支援募金状況

2018年8月21 日現在
■募金累計額 1,415,046円
■招待できた福祉施設数18

スポーツ支援自販機設置事業

2018年7月25日現在
自販機設置状況

TSCパートナー

株式会社ダイチ
富山サンダーバーズ
カターレ富山
株式会社アイザック
北陸ペプシコーラ販売株式会社
北酸株式会社
株式会社ホクタテ
チューリップテレビ
中部観光株式会社
株式会社メディアプロ
菱越電機株式会社
(有)ヤマモトスポーツ
すし居酒屋 大海
駅前ラーメン ひげ
Hitoshi Saeki

バナーを作成