HOME > お知らせ > 10月23日(土)おやべスポーツクラブへの指導者派遣

お知らせ

[2010/11/10]10月23日(土)おやべスポーツクラブへの指導者派遣

DSC_0220 おやべスポーツクラブへのTSC指導者派遣事業が、10月23日の「わんぱくチャレンジ」コースで実施されました。U12スクール・安田コーチのレポートをご覧ください。

 今回は嶋田スクールマスター、私(安田)、富山大学の女子学生のアシスタントコーチで、わんぱくな小学校低学年の子ども達とサッカーを楽しんできました。
 このコースの指導は2回目ということもあり、顔や名前を覚えてくれている子どももいて、お互い緊張せずにトレーニングに入ることができました。


 今日のテーマは「ボールとお友達になろう」です。
DSC_0028  TSCスクールの名物となっている鬼ごっこの中でも、「手つなぎ鬼」をウォーミングアップにチョイスしました。鬼を3~5人決め、タッチされたら手をつなぎ、どんどん鬼が増えていくという鬼ごっこです。鬼は必死に捕まえに行くことしか頭になく、なかなかうまく捕まらず、へとへとになっていました。

 次に「たぬき」という鬼ごっこをしました。こおり鬼の発展版で、捕まったらその場に止まり、助けを待つということは変わりません。しかし、この鬼ごっこは逃げる人がお腹の中にボールを入れ、「たぬき」に変身するゲームなのです!
DSC_0058  捕まったらお腹に入っているボールをぽんぽこたたき、助けを呼ばなければなりません。子ども達は最初、初めてやる鬼ごっこに戸惑いを見せ、お腹にボールを入れることを「いやだー!!」と言っていましたが、だんだんノリノリになってきて、最後にはみんなお腹を叩いて「助けてー」という言葉が飛び交い、最高の盛り上がりを見せていました。

 

 続いてサッカーボールを使って遊びました。まず、ボールを高く上げてキャッチするという簡単なことから入りました。最初は頭に当たったり、地面に落としたりしていましたが、何回も繰り返していくうちにだんだんできるようになっていきました。
 ここでレベルアップ! 背中でキャッチです。これはなかなか難しく、みんなてこずっていました(お手本を見せていたコーチも度々失敗しました)。しかし、一生懸命練習していくうちに、だんだんできるようになっていき、最後には「見て見て!」と自慢する子どももいました。
 そんな中、さらにレベルアップ!今度は後ろでキャッチしたボールをそのまま後ろで上に放り上げ、前でキャッチ!これもなかなか難しく、子どもたちは困っていました。
 そして最後には、ボールを上に上げている間に、くるっと360度回ってキャッチをしました。これもできるまで時間がかかりましたが、「ボールを高く上げてみよう」というコーチのアドバイスを聞くと、すぐにできるようになり、子どもたちは嬉しそうにコーチとハイタッチをしていました。

 

DSC_0188  ボールを使い体が温まったところで・・・メインイベント、ゲーム大会!
 今日の対戦相手は「わんぱくキッズVSコーチチーム」。初めはボール一個でゲームを行いましたが、なかなかコーチからボールを奪うことができません。そこで、ボールをどんどん増やしていきました。子ども達はまるで宝物のようにボールを追いかけ、男の子も女の子もドリブルやシュートを打つことができました。


 最後に「今日、楽しかった人?」と子ども達に聞くと、みんな「楽しかった!!」と答えてくれました。そして、解散の時に子ども達は、今日一番の笑顔でハイタッチをしてくれ、「また来てね!」と言ってくれる子どももいました。

 

 今回、私は初めてTSCのスクール以外でメインコーチをやらせていただきました。初めて会う子ども達といつもと違う場所でやる大変さ、ボールひとつでコミュニケーションを築くことができるサッカーのよさなどを改めて気づくことができました。これからも子どもたちに楽しんでもらえるように、勉強していきたいと思います。

 

DSC_0299  最後になりましたが、いつも温かく私たちを迎えてくださるおやべスポーツクラブの皆様、笑顔で子どもの送迎・お世話などしていただいた保護者の皆様、そして、一緒に楽しい時間を過ごしてくれた子どもたちと富大ボランティアの皆様に厚く御礼を申し上げます。

スポーツ観戦お出かけ支援募金状況

2018年8月21 日現在
■募金累計額 1,415,046円
■招待できた福祉施設数18